プラチナバンドの魅力

プラチナバンドとは、日本における無線通信・放送用に割り当てられた700〜900MHz前後の周波数帯のことを言います。

 

携帯電話の各事業者が、700〜900MHz内で、それぞれに割り当てられた周波数帯を利用して通信サービスを実施しています。NTTドコモやauでは800MHz帯を使っていますが、ソフトバンクでは900MHz帯を使った通信サービスを行っています。

 

そもそも携帯電話端末は、基地局と呼ばれる中継アンテナから発射される電波を使って通信や通話を行います。そのため、端末と基地局が交信可能な範囲内が電波の届くサービスエリアとなります。

 

電波は周波数が低いほど到達距離が長くなる性質を持っています。特にプラチナバンドと呼ばれる周波数帯は、空気中に存在する水分等の影響をあまり受けないため、コンクリートの壁を透過しやすく、建物の内部や陰になっている場所まで届きやすくなります。

 

ソフトバンクでは2.1GHz帯も提供しています。こちらの高い周波数帯では電波の直進性が強いため、高層建築物や山間部などの障害物に遮られたり、反射してしまう性質があります。

 

しかし、900MHz帯の低い周波数を獲得したことで、高周波帯が届きにくかったところがカバーされ、つながりにくいといった問題点が多く改善されました。

 

さらに、プラチナバンドより通信速度が速いプラチナバンドLTEと呼ばれるものもあります。2.1GHzでも提供されているLTEですが、900MHzからも提供されるということは、基地局から離れた場所でも速度が速いLTEが繋がりやすくなるということです。

 

高い周波数帯では情報伝送量が多いですが、直進性が強くなります。低い周波数帯では、情報伝送量は低いですが、遠くまで届きやすいです。このように色々な周波数帯を組み合わせることで、より便利に携帯電話を使うことができています。

 

プラチナバンドやプラチナバンドLTEの電波を受信するには、対応機種が必要です。また、お使いの場所が対象エリアかどうか確認する場合はソフトバンクのHPにあるサービスエリアマップをご覧ください。